wakatte.tvから読み解く 学歴厨の末路について

wakatte.TV

今回は「wakatte.tvから読み解く 学歴厨の末路について」というタイトルで記事をかきたいと思います。

わかってtvは今や登録者20万人に迫る勢いの人気学歴系ユーチューバーです。

視聴者も大半が学歴厨であると思われ、今や学歴厨がわかってTVのおかげで社会的権利を持つようにまでなったといっても過言ではありません。

ではこのまま学歴厨をこじらせた場合どうなるのか?について、

わかってTVの高田ふーみんの事例をもとに検証したいと思います。

wakatte.TVとは

wakatte.TVは武田塾の関係者である、高田ふーみんびーやまの2人が学歴というワンイシューでコンテンツを発信しているYouTuberです。

動画の概要欄には以下のような説明がありました。

【wakatte.TV】

この番組は、全国の受験生・高校生のみんなに、『絶対にこんな大人になるなよ!』という思いを込めて、あえて日本の学歴社会を皮肉る学歴第一主義のブラックキャラクター「高田ふーみん」と、お友達の「びーやま」による、教育痛快バラエティ番組です。
インタビューは事前に2人のキャラ設定及び企画趣旨を説明し、ご理解頂いた方のみに行っており、全編バラエティの構成ではありますが、人によっては、非常に不愉快に感じる内容がありますので、その場合は直ちにご視聴を中止してください。

このように、炎上しやすいテーマを扱うチャンネルであることが分かります。

主な視聴者層

10代後半~20代前半の高校生、大学生が中心に視聴していると思われる。しかし過去の回では、主婦層の方々がふーみんらに声をかけているシーンがあり、主婦層からも一定の支持を得ていると考えられます。

メインコンテンツ

このチャンネルのメインコンテンツとして、

「東大合格発表!ふーみんの運命は」(119万回)
「キャバ嬢&ホストの偏差値は?アホ街ック天国!歌舞伎町」(71万回)
「【東大合格者日本一】開成高校ハイスクール調査!」(68万回)

などがあります。
この結果から、このチャンネルでは純度の高い学歴に関する話題を中心に、バラエティーとしてのコンテンツを制作しているとわかります。


コンテンツ内容は、街中で学歴を聞くものから高校のキャンパス調査をするものまで、学歴に関する話題を網羅しており、学歴厨の視聴者にはたまらないYoutuberです。

学歴厨を続けるとどうなるのか?

wakatte.TVの学歴モンスター 高田ふーみんについて

高田ふーみんは、

兵庫県にある公立高校から京都大学経済学部へ進学したエリートです。

現在は中退してしまいましたが、
京都大学へ入学したことはかなりすごいことだと思います。

高田ふーみんは京都大学入学後、
武田塾で教師として仕事を開始するだけでなく、わかってTVでは学歴モンスターを演じるようになりました。

しかし現在は、
高卒の予備校講師」という肩書きに留まります。

実は塾や予備校などの教育関連への就職は、
一般的な高学歴就活生には嫌厭されることが多く、就職先としてあまり魅力的であるとはいえません。

高田ふーみんはユーチューバーとしての活動があるので、
肩書きだけでは見えない部分もありますけどね!

学歴厨は現在の生活に関する不満の現れ?

高田ふーみんはこのように、京都大学に入学したのにも関わらず、
現在の肩書きはあまり芳しくありません。

一般の学歴厨の方々も「現在の生活に満足していない」のではないかという一つの理論が導き出せるように思います。

現在の生活に満足していないからこそ、
学歴という分かりやすい一つの指標に頼るのです。

例えば大学入学後、
TOEICや公認会計士、簿記などの資格の勉強や、
アメフト、ラグビー、ラクロスなどの部活に打ち込んでいる学生を想像してみてください。
彼ら彼女らは学歴厨として、夜な夜な2チャンネルの学歴サロンやスタディ速報にコメントを書きこんでいるでしょうか?
答えはNOです。

彼ら彼女らの現在の生活においては、
大学受験という一つのゴールはすでに切り離し、新しい目標に向かって挑戦を始めているのです。

つまり学歴厨の方々は現在の生活において、
目標のない味気のない生活を余儀なくされており、現状の生活に何かしらの不満を抱いているものだと考えられます。

高田ふーみんも京都大学入学までは、
自分がナンバーワンだと思い込み常に競争に勝ってきました。

しかし京都大学へ入学後、
自分よりもはるかに賢くて勝ち目のないエリート学生が周囲にたくさんいたことで
卑屈になってしまったようです。

その結果として、
京都大学の入試に合格したという過去の結果に拘泥していると高田ふーみんの父親は分析しています。

この分析に対して高田ふーみんも、「(京都大学入学後)人生で初めて挫折を味わった」と発言しています。

詳しくは以下の回(6分19秒あたり)で確認することができます。
https://www.youtube.com/watch?v=gzwo4v0vhN8

学歴厨を続けるということは黄色信号

このように学歴厨である自覚をもつわかってtvの視聴者は、
新たな目標や挑戦を日頃の生活に取り入れるべきです。

学歴厨を続けることは、
過去の栄光にしがみつき、自分の成長を止めていること
といえるからです。

・これまで読んだことのないジャンルの本を読む
・新たな土地に足を運んでみる
・英語の勉強を始めてみる
・ボランティアをしてみる

などハードルの低いものから取り組んでみるのがおすすめです。

学歴厨を続けることは自身の成長を止め、
実りのない人生を送る危険な状況なのです。

まとめ

学歴厨を続けることは、これからの人生に大きな負の遺産となることがわかりました。

ただし、わかってtvを観ること≠学歴厨なのでご安心ください笑

高田ふーみんのような学歴モンスターの心が目覚めそうになったら、
「現在の自分の生活状況について」見つめなおしてみてください。













コメント

  1. tigamasu より:

    学歴厨の本質は、自己肯定感の低さと自己顕示欲の強さだと思いますよ。

    武田塾の高田史拓は、自己顕示欲の塊ですからね。

    高田がインスタライブで、「今までで一番高額の買い物はキャバクラ」「アイフルの電話無視ってたら会社(武田塾運営会社のA.ver)に電話掛かってきた」とか自慢話の様に話してたけど、そもそもキャバクラやデリヘル使ってお金で女を買うのって、自己顕示欲を満たすためなんですよね。

    結局、高田史拓は、せっかくYouTubeでそこそこ稼いでるのに、自己顕示欲を満たすために、風俗、酒、水タバコ、ギャンブルにお金を注ぎ込んで、消費者金融からの借金まみれになって、大人としての信用を失ってるわけで、自己顕示欲が肥大化すると、ろくなことにならない!という典型例になってますね。

    学歴厨に必要なことは、ありのままの自分を受け入れて、正しい努力を積み重ねることだと思いますよ。

    • orangename より:

      コメントありがとうございます。

      学歴厨になる背景には、自己肯定感の低さはたしかに関係していくると思います。

      高田ふーみんが淡路島を訪れる回において、
      高田ふーみんの父親が、「京都大学に入学したことで自身の能力の限界を感じたのでは?」と分析していました。

      人生誰でも挫折は経験するので、いかに学び立ち直るかがポイントのようですね。

タイトルとURLをコピーしました