2022最新版 銀行業界 就職偏差値ランキング 23卒

就職偏差値

今回は銀行業界に特化した、業界別就職偏差値ランキングを紹介します。

皆さんは就職偏差値を調べた際に、「なんとなく情報が古いのでは?」「これってブロガーの主観だよね?」と感じたことがあるのではないでしょうか?

本サイトで紹介する就職偏差値は、700名以上の就活生によって議論された末の就職偏差値なので最新のリアルな企業の立ち位置を把握することができます。

それでは、銀行業界の就職偏差値を紹介します。

就職偏差値ランキング

銀行 就職偏差値一覧

【76】日本銀行

=====海外トップ大勝ち=====

【75】

【74】日本政策投資銀行*DBJ*

【73】国際協力銀行*JBIC*

【72】

【71】みずほFG(GCF/GM&AM)

【70】

=====東京一工勝ち=====

【69】三菱UFJ銀行(戦略財務会計/FT/GCIB)

【68】農林中央金庫

=====早慶地帝優秀層勝ち=====

【67】

【66】りそな銀行(専門)

【65】

【64】三菱UFJ銀行(OP) 三菱UFJ信託銀行

【63】三井住友銀行(総合職) 三井住友信託銀行(Gコース) 信金中央金庫

=====早慶地帝勝ち=====

【62】みずほFG(OP) 商工組合中央金庫 日本政策金融公庫

【61】三井住友銀行(リテール) SMBC信託銀行

【60】

=====MARCH関関同立優秀層勝ち=====

【59】横浜銀行

【58】ゆうちょ銀行 りそな銀行 新生銀行 千葉銀行

【57】あおぞら銀行

【56】東京スター銀行  オリックス銀行

【55】静岡銀行 中央労働金庫 福岡銀行 常陽銀行 京都銀行

=====MARCH関関同立勝ち=====

外銀と呼ばれる外資系投資銀行は、
「銀行」と名前はついていますが、法律上は証券会社扱いのため証券業界の偏差値表に掲載しています。

現役の就活生なら、この偏差値表をみて「かなり精度が高い!」と感じたことかと思います。

この偏差値表は、LINEのオープンチャットで導き出され、現在でも活発に議論されています。

気になる方は以下のURLからLINEのオープンチャットに参加可能です。

オープンチャット「文系総合職 格付けの会
https://line.me/ti/g2/z_iGdKbrsDwEo6fxHSPNUQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

以下では、なぜこの立ち位置になったのかについて詳しく解説していきたいと思います。

ランク別の企業紹介

=====海外トップ大勝ち=====

日本銀行が唯一のランクインとなりました。

©︎日本銀行

外資系投資銀行は銀行と名前は冠しているものの、日本の法律上は証券会社の括りになります。

そのため、銀行業界のトップは日本銀行になります。

日本銀行の総合職はこのように非常に難易度が高いですが、
一般職採用をしていることがあまり知られていないため、企業ブランドが欲しい就活生は日銀の一般職採用に挑戦してみるのはどうでしょうか。

=====東京一工勝ち=====

このランクで特筆すべきことは、政府系金融機関が2行ランクインしたということです。

日本政策投資銀行(DBJ)

©︎DBJ

国際協力銀行(JBIC)

©︎JBIC

政府系金融機関とは、公務員と民間のいいとこ取りとも呼ばれており、
民間並みの高給を得ながら、公務員並みに解雇される心配がないという特徴があります。

そのため、政府系金融機関が第一志望という高スペック就活生も多く、
適切な就活対策が求められます。

DBJ本店 ©︎知る知るナビ
====早慶地帝優秀層勝ち=====

ここでも、広義の政府系金融機関である「農林中央金庫」がランクインしました。

©︎農林中央金庫

正確には系統金融機関に属する農中ですが、
まったり高給で知られており、日本政策投資銀行国際協力銀行よりも就職難易度は落ちますが、
給料はこれらの2行よりももらえるというコスパ良しの金融機関なのです。

他のまったり高給企業について詳しく知りたい方は、以下の記事で紹介してます。

まったり高給を目指す学生へ 具体的な企業名を一挙に紹介【企業の選び方】
就職活動を進める中でやはり私生活を充実させたいと考える学生が多いのではないだろうか。それでも私生活を充実するにはある程度のお金と時間の余裕が必要になってくる。以下では仕事はそこそこ楽だけどお金はたっぷりもらえるといった夢のような企業を紹介する。

最近、本社を新築オフィスビルに移転したばかりの注目の金融機関です。

=====早慶地帝勝ち=====

ここでようやく、メガバンクツートップの三菱UFJ銀行三井住友銀行がランクインしました!

三菱UFJ銀行(MUFG)

©︎MUFG

三井住友銀行(SMBC)

©︎SMBC

メガバンクへの就職は数年前と比較して、難易度がかなり高まっています

その背景には、採用人数を大幅にカットするようになったことがあげられます。

三井住友銀行本店 ©︎知る知るナビ

詳しく知りたい方は、以下の記事で紹介してます。

【2022年度もメガバン難化!?】なぜ今、メガバンクは難しいのか?その理由や対策って?
今回はメガバンクとよばれる企業群について、採用難易度が上昇している件について紹介します。みなさんは就職活動をしていて、「最近のメガバンは入りにくい」なんて話を聞いたことはありませんか?その理由について、主に3つの視点から考えていきたいと思...
=====MARCH関関同立優秀層勝ち=====

メガバンクみずほフィナンシャルグループがランクインしました。

©︎みずほFG

就活生の間では、みずほ銀行=システム障害

というマイナスのイメージが定着しています。

そのためメガバンとはいえ、メガバンク3行のなかで格下というランク扱いとなっています。

©︎知る知るナビ
=====MARCH関関同立勝ち=====

地銀が何行かランクインするようになりました。

地銀のなかでも注目なのが、「横浜銀行」(通称はまぎん)です。

©︎横浜銀行

金融機関あるあるなのが、「地方にとばされる」「地方を転々としなければならない」といった住環境に関する不満です。

横浜銀行は、神奈川県を地盤に金融サービスを展開しているため、
全国津々浦々転勤することがないという点が大きなメリットになっています。

そのため、就職偏差値ではかなり上位の金融機関に内定したものの、
それら企業を辞退して浜銀を選ぶ就活生が毎年一定数います。

©︎知る知るナビ

まとめ

このように銀行業界では、ある程度序列が確立されています。

具体的には、日銀→政府系金融機関→専門職→総合職→地銀といった具合です。

そのため就職偏差値の活用は、戦略的な就職活動に欠かせません。

また金融業界は、「顧客の大切な資産を預かる」という責任が求められることから、
人物としての誠実さや信用度合いを非常に大切にしています。
金融業界を志望している学生は、大学3年生の夏頃からインターンシップ、説明会等に
積極的に参加し、顔・名前を早期のうちから自然にアピールすることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました